広報宣伝活動で3DCGを使う【メリット】と【現状】

コラム1 3DCG化で得られるメリット

3DCGを導入して得られるメリットとは?
既に3DCGを活用している先行企業さんが重視されているポイントや効果をご紹介します。

Case1 販促物制作を早期にスタート
【CADデータから3DCGを作る手法】に切り替えたことで、従来の撮影用モックアップに比べ3週間の短縮ができた。このところ遅れ気味だったモックアップに悩まされることもなく、商品発表用スペシャルサイトを早期に起ち上げ、内容も充実させられたので、競合他社に差をつけることができた!

Case2 撮影用モックアップ費用の削減
ワールドワイドに展開する商品のために、以前は全ての現地法人へ向けてモックアップを送っていたが、3DCGを導入したことで、一括して日本でビジュアル制作を実施。
年間数十点のモックアップが削減でき、数千万円のコストを削減できた。

Case3 店頭プロモーションの強化
これまでは新しい機能を搭載しても、販売店の積極的な対応が期待できないために、商品の魅力を充分に伝えることができなかった。3DCGなら「内部機構」や「目に見えない現象」も表現できるので、テクニカルムービーを制作して、店頭プロモーションを活性化!
そのデータをWebや販売店教育にも流用し、効果が倍増した。

Case4 いろんな媒体へ展開
1つの3DCGデータから、カタログ/Web/イベント/営業ツールなど複数の媒体に展開。
これまで媒体ごとに複数の制作プロダクションへ依頼していたのを一括発注できるようになった。オリジナルの3DCGを展開することで、これまで重複していた作業を削減し、総合的なコスト削減ができた。

 

広報宣伝活動に3DCGを使う【メリット】と【現状】

コラム1 3DCG化で得られるメリット
コラム2 広報宣伝活動に3DCGが導入されている理由
コラム3 広報宣伝活動の何が変わるの?