セミナーリポート「CGWORLD クリエイティブ カンファレンス」2014年11月 開催

セミナーを終えて
本カンファレンスでは、去年まで、3DCG制作の効率と品質を上げる仕組み「カラーマネジメント」に関する基本セミナーを実施してきました。今年は「Step 2」と題して、実際にカラマネを導入している方、特にシステム管理者の方が感じている疑問点を解消できるように、実務において特に役立つ情報から、様々なワークフローの調整作業に必要な知識まで、解説しました。

「異なるデバイス、異なるソフトでも、カラマネすれば色が合う」ということ自体、ほとんど知られていなかった業界でカラマネの概念が浸透していることを実感し、さらに、次のステップで必要とされている課題も見えてきました。

今回は来場者が多かったため、カラマネ専用モニター(EIZO ColorEdgeの実機)で一人一人の方に色を確認いただくことはできなかったのですが、「少人数制の、ハンズオン形式のセミナーがあったら受けたい」という声を多数お聞きして、それにお応えできるセミナーも検討したいと思いました。

今後も、CGWORLD.jp Autodesk AREA JAPAN のコラムを通して、カラマネに関する最新情報を発信していきますので、ご期待ください!

CGWORLD クリエイティブ カンファレンスとは
2011年から毎年開催されている、ボーンデジタル主催のカンファレンスイベント。約30のセッションでは、CG業界をリードするクリエイターが、新たな技術や表現などを紹介。ゲーム、映像、アニメ、立体造形など、CG制作に携わる全てのクリエイターが交流できる場として、その規模は年々拡大、全国各地から関係者が集う恒例行事となっている。