3DCG導入検討時に役立つ情報 > 
ミニコラム「どうしてレンダリングサーバーが必要?」

一般的なレンダリング時間

レンダリング時間は以下の要素によって変わります。
・レンダリングサイズ
・光源の量
・マテリアル/オブジェクトの複雑さ
・計算精度(アンチエイリアシングなどの高品質化)
・GI(グローバルイルミネーション)などの計算技術の利用

レンダリング時間の例(最新の8coreのPCを1台使用した場合)
photo

導入時期

特に屋内の画像制作ではGI(グローバル・イルミネーション)を必ず使用するために長いレンダリング時間がかかります。このようなGIを利用する業務を行う場合や、ビジュアルのカット数が多く納期に間に合わなくなったときがレンダリングサーバーの導入時期です。

導入時期は早めに計画すると失敗しません
こなしきれないほどの業務が入ってから導入を検討すると納期に間に合わなくなってしまいますので、業務拡大のペースを見ながら、3ヶ月ほど早めの導入検討開始が理想的です。
設置/設定と、レンダリングサーバーを利用したワークフローの確認に時間がかかるためです。
社内稟議に時間がかかる場合は、その期間を先の3ヶ月に追加して見越すといいようです。

 

「レンダリングサーバー構築セミナー」に戻る

3DCG導入検討時に役立つ情報を無料提供

3DCGビジネスのメリットや概略、業界情報が分かる
「PERCH Times(無料)」詳細
社内情報共有/学習用資料
「デザインビズ(3DCGビジネス)がわかるPPT資料(無料)」詳細
3DCGで写真を作る制作工程が理解できる資料
「スケジュールまでわかる資料(無料)」詳細

 

お問い合わせ/お申込み方法

電話:0436-98-4698
メール:info@perch-up.jp
フォーム:お申し込みフォーム

 

デザインビズとは?

3DCGソフトを使って作る高品質でリアルなビジュアル制作全般を総称して、「デザインビジュアライゼーション(略称デザインビズ)」と呼ばれています。
3DCGでは、実写では不可能なこと、たとえば「まだ作られていない物をビジュアル化する」「製品の表面からは見えない機能をビジュアル化して分かりやすく伝える」などができます。このような3DCGビジュアルは、製造メーカー内部での製品検討段階から、広報宣伝活動まで広く使われています。

たとえば、
●製品検討段階では、商品企画段階の市場調査用、プロダクトデザイン段階のシミュレーション用、社内会議検討用、販売準備段階のマニュアルや営業用ビジュアルなど
●広報宣伝活動では、商品発表会用のプレス向け写真や製品紹介ムービー、Web用のFlash、SP/広告用のポスター、雑誌、新聞、CM、店頭プロモーションなど

で使われています。CGなら1つのデータを色々な媒体に活用できるため、様々な業界の広告主が積極的に利用しています。

 

.

.