その他のカラマネ情報「モニター選びのノウハウ」

カラーマネジメントに必要な機材の中で大変重要で、一番の基礎となる機材『モニター』の選定方法についてご紹介します。

 

モニターの重要性

モニターは、表示される「色」「情報」「動き」など、制作で必要になる様々な決定を行う最も重要な機材です。そしてカラーマネジメントにおいても基礎をなす最も重要な機材となります。

カラーマネジメントは全ての機材と、全ての設定を統一することで実現する「統合型システム」であり、使用する全スタッフの教育が行われて初めてメリットを得ることができる、ということは、「カラーマネジメント システム構築」のページで説明したとおりです。
そして、その中でもモニターは特別重要な機材といえます。

モニターには大きく分けて2つありますが、カラーマネジメントに適しているのは、「ハードウェアキャリブレーションモニター」です。

ハードウェアキャリブレーションモニター

モニター内部に色補正回路があり、高い精度でモニターの発色特性を管理するため、データに忠実な色を見ることができるのは、EIZO ColorEgde シリーズです。このシリーズは、印刷・広告業界などで最も高い評価を受けています。(逆に、高い色再現性が無いモニターを使うと業務に支障をきたすことになりますので、ご注意ください)。
EIZO ColorEdgeシリーズ

通常のモニター

多くのモニターは、ハードウェアキャリブレーションモニターのような高度な色補正回路を搭載していません。そのため測色機を利用してキャリブレーション(「用語説明」に解説があります)を行うことは可能ですが、これはOSとグラフィックボードで発色特性を管理するため、発色バランスが崩れてしまい、データに忠実な色を見ることができません。

モニターはRGBを発色させて色再現を行っています。しかしそのバランスを維持することは難しく、液晶パネル・色補正回路・その他の色管理システムなどの精度の高さによって、色再現性は大きく異なります。

このようなモニターの違いを評価するのに、色に厳しい印刷業界などでは以下の方法(「グレースケールを表示して発色バランスを見極める」方法)を使ってモニターの良し悪しを見分けています。これから購入するモニターの評価や、現在利用しているモニターの良し悪しの見極めに利用すれば、カラーマネジメントシステムに適したモニターを選定できます。このことは、Autodesk AREA JAPANサイトのコラムにも詳しく解説しているのであわせてご覧ください。

 

『グレースケールを表示して発色バランスを見極める』

【グレー】という色は均等なRGB値でできています。そのためRGBのうち1つでもバランスが崩れれば「色がついたグレー」が表示されます。色に厳しいモニターメーカーでも、白から黒までのグレースケールを使ってモニターの特性を判断しています。

優れたバランスのモニター」を測定したグラフです。白から黒までのデータを出力して、モニター表面を測色機で測定した結果ですが、きれいなガンマ曲線を描いています。測色はRGBのような相対的な値では行えないので、絶対値のXYZを測った図ですが、XYZがきれいに重なっているので1つの線に見えますね。

com_ch_color_3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このようなモニターにグレースケールチャートを表示すると、きれいな乱れのないグラデーションに見えます。以下のグラデーションが、私が使っているカラーマネジメントモニターです。色浮きしない、きれいなグレーに見えています。

com_ch_color_2

 

 

 

バランスの崩れたモニター」を測定したグラフです。同じように白から黒までのデータを出力して、モニター表面を測色機で測定した結果ですが、ガンマ曲線が乱れ、XYは重なっていますが、Zが大幅に狂っています。ほとんどのモニターのバランスは狂っています。

com_ch_color_4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このようなモニターにグレースケールチャートを表示すると、RGBの各色が乱れるために、白から黒のグレー階調の所々が、「緑・紫・グレー・緑・紫」と色浮きしたグラデーションに見えます。以下のグラデーションはそれがわかりやすいようにわざと色浮きさせています。

com_ch_color_1

 

 

 

グレーのグラデーションを自分のモニターに表示してみてください。上記のように色浮きが見えたら、発色バランスが崩れたモニターかどうかがわかります。

色に厳しいプロは、このようにグレースケールチャートを利用してモニターを評価しています。モニター購入、カラーマネジメント導入の際にやってみてください!

この評価用として最適化された【グレースケールと評価ポイントをまとめたデータ】がほしい方は、無料でおわけしていますので、メールにてご連絡ください。(貴社名・ご連絡先・ご担当者様のお名前・「グレースケールと評価ポイントをまとめたデータ希望」と明記ください)。

メール:info@perch-up.jp 

 

カラーマネジメントを正しく理解して、導入を進めたい方は、
仕組みと調整/設定方法を詳しく説明し、実機を使った調整方法を見て体感することができるセミナー(「わかる! カラーマネジメントセミナー」)に参加されると、低コスト・短期間で導入が可能です。
またカラーマネジメント導入の最大の障害である、ワークフロー作りと、スタッフ全員への教育を行う私たちのサービス「カラーマネジメント システム構築」を利用されると、確実な仕組み作り・低コスト・短期間での導入が可能です。

私たちパーチは、【広告業界でのカラーマネジメント導入】の経験と、【3DCG】の両方の理解から、3DCG制作の効率化を実現する【3DCGのためのカラーマネジメントシステム】を構築。教育・ワークフロー作り・設備計画などの導入サポートを提供しています。

 

その他のカラマネ情報

カラマネのメリット
定評のある機材
モニター選びのノウハウ
用語説明
導入の流れ、必要な作業一覧
導入のポイント